山陰海岸ジオパーク

ジオサイト


潟湖をふさぐ長大な砂州と、地形を生かした農業・漁業

久美浜湾・丹後砂丘周辺 (くみはまわん・たんごさきゅう)

久美浜周辺には、甲山や久美浜湾、小天橋、丹後砂丘など、日本海の形成~現在までの地球の動きを記録した様々な地形・地質とそれらが織りなす美しい風景が広がっています。人々は,これらの多様な地形・地質をうまく利用して暮らしています。例えば,潟湖(ラグーン)である久美浜湾ではイカダによるカキの養殖が、砂丘地ではメロンやスイカ、サツマイモなどの栽培が、海岸段丘の上や丘陵地では梨や桃などの果樹栽培が、川沿いや河口部の低湿地では稲作が行われるなど、多様な地形・地質を生かした農林水産業が行われています。

主な見どころ

1
久美浜湾
小天橋砂州の形成により日本海と隔てられた内湾。冬に荒れる日本海において、比較的に穏やかな湾内では、カキの養殖が盛んで、カキ棚の並ぶ風景は京都府の文化的景観に選ばれている。
京丹後市観光振興課
0772-69-0450
2
丹後砂丘
久美浜町湊宮から網野町浜詰に続く海岸沿いには古砂丘および新砂丘からなる広大な砂地がみられる。トウテイランやユウスゲなどの海浜植物も多い。
京丹後市観光振興課
0772-69-0450
3
小天橋
日本海と久美浜湾を隔てるように発達した砂州。その姿が日本三景の一つ天橋立に似ていることから「小天橋」と呼ばれている。砂浜海岸は約8km続き、北近畿最大のロングビーチとなっている。
小天橋観光協会
0772-83-0149
4
久美浜まるかじりまつり(10月)
町の特産品を一堂に集めた産業祭と、見て楽しい、買って嬉しい、1万人のフリーマーケット。
久美浜まるかじりまつり実行委員会事務局
0772-69-0716
 

ガイドさんのおすすめポイント!

久美浜湾の南東には、標高191mのかぶと山がそびえている。山頂の展望台は、老巧化に伴い平成27年5月に木造の新しい展望台に作り変えられた。ここからの眺望は、とにかく素晴らしいの一言。正面には、久美浜湾に蓋をするように小天橋(砂州)が横たわり、湾内に浮かぶカキの養殖?も風情がある。久美浜湾の光景は、人と自然が生み出した素晴らしい景色として、京都府を代表する美しい景色に選ばれている。

NPO法人まちづくりサポートセンター  中江忠宏
 
 
問い合わせ先
京丹後市観光協会 久美浜町観光総合案内所  京丹後市久美浜町772
TEL
0772-82-1781
 

マンスリーリレーコラム

マンスリーコラム

ダウンロード

各種様式・資料集

パンフレット・マップ

フリー写真等素材集

Facebook