山陰海岸ジオパーク

国際的な重要性

国際的な重要性

「玄武洞」は、第四紀(約260万年前~現在)における
地球磁場の逆転の発見につながった場所です。

兵庫県豊岡市の「玄武洞」は、世界で初めて地球磁場が逆転していることの発見がなされた場所です。1926年、京都大学の博士は、約160万年前の火山噴火で流れ出た玄武岩が、現在の地球磁場とは反対の方向に磁化していることを発見しました。

この発見をきっかけに、かつての地球の磁場が現在とは反対の時代があったことを示したのです。その時代は「松山逆磁極期」(約260万年前~約77万年前)と呼ばれ、この発見は地球科学におけるプレートテクトニクス説の構築に大きく寄与しました。

また、松山逆磁極期の始まりをもって「新生代第四紀」(約260万年前~現在)という地質年代の始まりとすることになっています。松山逆磁極期が終わる約77万年前から現在までは地球磁場は現在と同じですが、そのうち約77万年前~13万年前までの地質時代名が「チバニアン」と命名されました。このように地球磁場の方向の変化は地質年代の境を決める指標の一つとしても使われています。

国際的な重要性

松山基範 博士

国際的な重要性

第四紀の時代、
地球磁場の方向は反対だった

  • 国際的な重要性

    約160万年前の火山活動によって形成された玄武洞(玄武岩)

  • 国際的な重要性

    海外からの見学者も訪れます

マンスリーリレーコラム

マンスリーコラム

ダウンロード

各種様式・資料集

パンフレット・マップ

フリー写真等素材集

Facebook