山陰海岸ジオパーク

コース21:コウノトリ立ち寄る湿地とほぼ森に還った山道を越える

(城崎マリンワールド~小天橋)

難易度:★★★☆☆  全長:12.6km  目安歩行時間:200分  高低差:約163m

田結湿地を通り、兵庫県と京都府の県境をまたぐほぼ森に還った山道を越えるコースです。道中の田結湿地では、一度は絶滅したコウノトリの野生復帰した姿が見られるかもしれません。また、日和山海岸のガイドセンターからは京都の丹後半島まで見ることが出来ます。

お知らせ

県境近く(兵庫県側)の田結峠の最終盤は急こう配です。トレッキングシューズ推奨です。

主な見どころ情報

日和山海岸

日和山海岸

所在地:兵庫県豊岡市瀬戸

日本海形成中~形成後の火山活動などによりもたらされた溶岩類や火砕流堆積物からなる磯浜です。海岸西部は流紋岩の大岩壁が屹立しています。円山川河口の豊岡市瀬戸には、水族館やイルカショーなどが楽しめる「城崎マリンワールド」があります。また、日和山海岸の沖にある後ヶ島(のちがしま)は、浦島太郎にまつわる伝説の残る島です。河口から約1km西方の但馬海岸道路にある展望台に立つと、リアス海岸の素晴らしい景観と城崎マリンワールドが一望できます。

小天橋

小天橋

所在地:京都府京丹後市久美浜町湊宮

日本海と久美浜湾を隔てるように発達した砂州です。なだらかな弧を描く白砂の海岸線が美しく、日本三景の一つ「天橋立」に似ていることから「小天橋」と呼ばれています。小天橋から浜詰海岸まで、白砂青松の浜が約8kmに及び、北近畿最大のロングビーチとなっています。

久美浜湾

久美浜湾

所在地:京都府京丹後市久美浜町

小天橋と呼ばれる長い砂州で日本海と隔てられた、周囲28㎞、面積約7㎢の潟湖です。約2万年前の最終氷期には海面が現在より100m以上も低く、葛野から湊宮間には深い谷がありました。その後、海面が上昇したときに形成された砂州によって日本海と隔てられ、久美浜湾ができました。冬に荒れる日本海において、比較的に穏やかな湾内ではカキの養殖が盛んです。カキ棚の並ぶ風景は、京都府の文化的景観に選ばれています。

全線踏破達成者から寄せられた口コミ情報

◎円山川を越えて兵庫県最後のビーチ気比の浜を過ぎると、素敵な里山に入っていった。綺麗な小川と湿地が続いておすすめできる。
◎里山ハイクができるこのコースは、海岸線の山越え谷越えが多い兵庫県内のコースにあって、レアな場所かもしれない。
◎兵庫県と京都府の境は、まさしく尾根!特に県境のサイン等はないが、間違いなく県境とわかるポイントでテンションが上がる。
◎鳥取と兵庫の境は舗装路、ここ兵庫と京都の境は自然道、種類の違う県境越えは醍醐味かもしれない。

コース沿線の協賛店紹介