山陰海岸ジオパーク

ジオサイト


間人ガニブランドを育んだ地形と人々の営み

間人海岸周辺 (たいざかいがん)

丹後半島の沖合には、日本海の形成過程で生まれた海岸線からわずか15㎞で水深200mに達する急深で起伏に富んだ海底が広がっており、ズワイガニなどの良い漁場になっています。岩石が複雑に侵食されできた間人(たいざ)の入り江は天然の港となり、漁港として発達しました。かつては北前船の中継地にもなり、今でも当時船を繋いだ杭の跡が城島周辺に残されています。ここにはかつて聖徳太子の母である間人皇后(はしうどこうごう)が滞在していたという伝説があり、間人皇后が退座(たいざ)される際、皇后が自らの名前「間人」をこの地に与え、しかし人々は皇后の名前を呼ぶのは恐れ多いとして「たいざ」と呼ぶようにし、現在の地名「間人(たいざ)」が生まれたとされています。

主な見どころ

1
後ヶ浜
赤~ピンク色をした砂浜。上流から流れてきた花崗岩起源の真砂にピンク色の鉱物「カリ長石」が多く含まれるので赤っぽく見える。海水はとても澄んでおり海水浴にもぴったり。
京丹後市観光協会丹後町支部
0772-75-0437
2
城嶋
周囲4km、高さ21メートルの小島に、かつて城が構えられていたため「城嶋」と呼ばれている。現在は自然公園として利用され、島の北部では波食棚やポットホールも確認できる。ここでは「ドーム状構造」と呼ばれる、地層が盛り上がったような構造が各所で見られる。
京丹後市観光協会丹後町支部
0772-75-0437
3
間人漁港
入り組んだ地形を利用し発達した間人港のカニ漁は、小型船で経ヶ岬沖を漁場とするため、日帰り操業で鮮度が良く「間人ガニ」としてブランド化されている。※見学対応は要相談。
京都府漁業協同組合丹後支所
0772-75-0135
4
間人みなと祭(7月)
港の船が一斉に点燈し、夜店が並び、花火を打ち上げる。海の安全を祈る漁師の祭で、観光イベントとして実施されている。
京丹後市観光協会丹後町支部
0772-75-0437
 

ガイドさんのおすすめポイント!

丹後町間人の北西にある城嶋は、周囲4㎞の小島で、市街地とは吊り橋で繋がっている。戦国時代、一色氏配下の荒川武蔵守の居城であったことから城嶋と呼ばれる。島の北西岸には、波の浸食によって出来た波食棚が広がり、浅場や潮溜りでは海の生物を観察できる。ここには、日本海が形成された約1500万年前に海底で起ったマグマの活動により、地層が盛り上ったドーム状構造をあちこちで見ることができる。

団体名 NPO法人まちづくりサポートセンター  中江忠宏
 
 
問い合わせ先
道の駅てんきてんき丹後(山陰海岸ジオパーク京丹後市情報センター)  京丹後市丹後町竹野313-1
TEL
0772-75-1411
 

マンスリーリレーコラム

マンスリーコラム

ダウンロード

各種様式・資料集

パンフレット・マップ

フリー写真等素材集

Facebook