エリア:白兎海岸

白兎海岸(はくとかいがん)

白砂の浜が美しい海岸です。16kmに及ぶ鳥取砂丘の西の端です。白兎海岸は、神話「因幡の白うさぎ」の伝承地とされています。沖合80mの所には、兎がいたとされる「淤岐ノ島」があります。海岸の南には、白兎神を祀る「白兎神社」や大雨や日照りが続いても水位がほとんど下がることがないと言われる「不増不減の池(御手洗池)」があります。また、白兎海岸には「ハマナス」が自生し、自生南限地のハマナスとして、<国の天然記念物>に指定されています。

場所因幡の白兎伝説で知られる海岸。浜の西端には河原火砕岩層の海食崖と断層によって切り離された淤岐ノ島などがある。島の周囲には波食棚が取り巻き、飛び石状になった棚はワニの背にたとえられる。