エリア:味土野周辺

吉津・木子の与謝化石植物群

弥栄町の廃村となった吉津と宮津市木子付近から産する植物化石は与謝化石植物群とよばれています。16科、26族、33種が識別され、落葉広葉樹が多く、とくに Fagus antipofiが多く産することで注目されています。日本海形成始まりの火山活動に続く時代の淡水成層と考えられています。

場所弥栄町の廃村となった吉津と宮津市木子付近から産する植物化石は与謝化石植物群とよばれている。16科、26族、33種が識別され、落葉広葉樹が多く、とくに Fagus antipofiが多く産することで注目されている。日本海形成始まりの火山活動に続く時代の淡水成層と考えられている。