エリア:久美浜湾

久美浜湾(くみはまわん)と小天橋(しょうてんきょう)

久美浜町葛野から箱石にかけて久美浜湾と日本海を分ける砂州は、日本三景の一つ「天橋立」を思わせることから、「小天橋」と呼ばれています。小天橋によって閉じられた潟湖が「久美浜湾」です。湾内では牡蠣の養殖がさかんに行われています。

場所川上谷川、栃谷川、久美谷川などが合わさった谷が、葛野から湊宮にいたる砂州により閉じられた周囲28kmの潟湖。最深部は葛野西方約600mで水深 21mである。海面が100m以上降下していた最終氷期(約2万年前)には、葛野ー湊宮間には深い谷があった。後氷期海進で海面が上昇した