エリア:丹後砂丘

丹後砂丘

久美浜町湊宮から東へ網野町浜詰まで、東西6km、南北幅約1km前後の砂地を丹後砂丘と呼んでいます。湊宮は高度10m、葛野(かづらの)は20m、箱石は15~20mですが、南部では40mに達します。浜詰は20mです。箱石から浜詰にかけて古砂丘砂が覆いますが、その下には中位段丘堆積物があると考えられています。しかし、これは露頭でもボーリングでも確かめられていません。しかしながら、箱石の西方の海岸線には火砕岩層が露出しているので、丹後砂丘の東部は基盤岩の上に中位段丘堆積物が堆積した可能性は考えられます。西部の湊宮と葛野間は久美浜湾をつくった砂嘴といえます。

場所久美浜町湊宮から東へ網野町浜詰まで、東西6km、南北幅約1km前後の砂地を丹後砂丘と呼んでいる。湊宮は高度10m、葛野(かづらの)は20m、箱石は15~20mであるが、南部では40mに達する。浜詰は20mである。箱石から浜詰にかけて古砂丘砂が覆うが、その下には中位段丘堆積物があ&