エリア:黒部貝層

黒部貝層

竹野川の6km上流の黒部には標高20mの段丘面の下8m厚さの堆積物が観察されました。上部6.5mは砂層で、その下1.5m厚さは暗青灰色の泥層でした。それは入江(内湾)の堆積物で、暖かい海に棲むカモノアシガキを含む27科42属45種の貝類と4種の貝形虫が産しました。これは最終間氷期の日本海の環境を示す貴重なデータです。

場所竹野川の6km上流の黒部には標高20mの段丘面の下8m厚さの堆積物が観察された。上部6.5mは砂層で、その下1.5m厚さは暗青灰色の泥層であった。それは入江(内湾)の堆積物で、暖かい海に棲むカモノアシガキを含む27科42属45種の貝類と4種の貝形虫が産した。これは最終間氷期の日