エリア:いなば温泉郷

吉岡温泉(よしおかおんせん)

吉岡温泉は、962年に発見されたとされる温泉で、江戸時代には鳥取藩主の浴場が設けられるなど、湯治場として栄えました。温泉地の南側には、1943年9月10日に発生したM7.2の鳥取地震によって生じた地震断層「吉岡断層」があります。

場所鳥取市内からほど近い、湖山池のほとりにある温泉地。14世紀には発見されたと伝えられる温泉で、江戸時代には鳥取藩主の浴場が設けられるなど、湯治場として栄えた。鳥取花崗岩の割れ目から流出している。