第8回ユネスコグローバルジオパーク世界大会(イタリア)に参加しました

 

 現在、グローバルジオパークネットワーク(以下、GGN)には38カ国が加盟しています。GGN国際大会は2年に1回開催されます。

 

【期 間】

 2018年9月10日(月)~14日(金)  ※APGN会議を含む 

 ※山陰海岸ジオパークは、関西空港が使用不可になったため、11日~14日の本会議に参加し、APGNは欠席

【参加者】

 秋吉事務局長、松浦事務局次長、郡山専門員、中山国際推進員(協議会事務局)

 先山先生、松原先生(兵庫県立大)

 金山学芸員(鳥取県海と大地の自然館)

 谷本館長(新温泉町ジオパーク館)   以上8名

【場 所】

 Adamello Brenta Geopark, Madonna di Campiglio – Italy

 トレントの西に位置し、61のジオサイトを持つ1,188㎢のエリア。異なる2つの山のグループから成り、トレント最大の保護地区 Adamello Brenta Nature Parkに含まれる。有名なスキーリゾート地。

【全体の参加者】

 850人(64ヵ国)※参加国・参加人数ともに過去最大

  ※日本からは、合計58人(14のジオパークとJGN事務局 他)

 

【次 回】 

  2020年に、韓国の済州島ユネスコ世界ジオパークで開催決定

 

【会議の主な内容】

・Scientific Sessions & Workshop

  パワーポイントやポスターを利用した口頭発表、テーマごとの意見交換会 など

・GGN General Assembly

  前年度の活動報告、今年度の事業計画、役員選出と承認 など

・Field Trip

  開催地Adamello Brentaジオパークの視察

・Intangible Heritage Exhibition

  32のヨーロッパジオパークによる無形文化遺産の展示

・Geo Fair

  地元農産物の物産展

・Geoparks Videos

  ジオパークのビデオ紹介

・Award

  ジオパーク功労者の表彰、新規認定・再認定地域の表彰式(日本からは伊豆半島、島原半島、隠岐、糸魚川、洞爺湖有珠山)

 

 

 

 会場入り口

 メインスポンサーはAudi

 ブース会場の様子

 日本ジオパーク共同ブース

 ポスター発表

 無形遺産展示

 新規認定、再認定ジオパークの表彰式

 

 

 Field Trip の様子