山陰海岸ジオパークって 運営組織 地形・地質の博物館 豊かな生態系 国際的重要性 人々の文化と暮らし

山陰海岸ジオパーク内では起伏や変化に富んだ地形を利用して、様々な地域産業が育まれてきました。特に山陰沖は変化に富んだ岩礁が多く、魚の棲みやすい条件が整っています。日本海の陸棚斜面にかけての水深200?400mはズワイガニの漁場となっていて、より深い水深域は紅ズワイガニの漁場となっています。

日本海の水深200mより深くは、冷たい「日本海固有水」で満たされており、表層には「対馬暖流」が流れています。そのため、中層や深海にはハタハタ(白はた)やノロゲンゲ(どぎ)などの寒海性の生き物が、表層にはクロマグロやトビウオ(あご)など暖海性の生き物がみられます。

日本海のほぼ中央部の大和堆では、対馬暖流が中層の冷水塊とまざり合い、ズワイガニ(松葉がに)、アカガレイ、クロザコエビ(もさえび)などが多く獲れる漁場となっています。

ジオパーク内には山陰でも有数の漁港が数多くあり、ズワイガニやクロザコエビなどが水揚げされています。太平洋地域と比較しても魚の種類が豊富で、季節に合わせて常に美味しい魚を食べることができます。

また、エリア内には、断層に沿って温泉が数多く点在します。木津温泉(京都府)、城崎温泉・湯村温泉(兵庫県)、岩井温泉(鳥取県)などは、千年以上の歴史を持つ名湯で、古くから文人墨客に愛好されてきました。降雪の多いこの地域ならではの温泉発見の経緯もみられ、多数の温泉施設が点在することにより観光拠点となっています。

北但層群、照来層群からなる有数の地すべり地帯である鉢伏地域では、この地形を利用して棚田が広がる他、冬はスキー、夏はパラグライダーやグラススキーが楽しめます。第四紀火山である神鍋山でも、20?30度の斜面傾斜を持つことから、スキーゲレンデとしても利用されています。

他にも海食棚を利用した岩ノリつみや海岸段丘を利用して棚田が作られるなど、地質が暮らしの中に密接に結びついてます。

海食棚を利用した岩ノリつみ   地すべり地形を利用した棚田

山陰沖で水揚げされるカニの競り


城崎温泉


岩井温泉

 

山陰海岸ジオパークでは、地質遺産をはじめとした多様な地域資源を地域住民、民間団体、企業、行政が協働して保全するとともに、教育、観光、地域産業に活用することで、持続可能な地域社会を目指した活動が行われています。

◆鳥取砂丘のラッキョウ(鳥取市)
鳥取砂丘は、鳥取大学砂漠研究所を中心とした砂漠緑化への研究をはじめ、自然資源である地球の大地を活用して砂丘ラッキョウの栽培が盛んです。毎年10月下旬から11月上旬にかけて、約110ヘクタールの広大な畑に、赤紫色をしたラッキョウの花が咲き乱れます。

◆丹後砂丘の果物栽培(京丹後市)
京丹後市の丹後砂丘では、砂丘地を利用した果物栽培が盛んです。夏は糖度の高い「スイカ」や「メロン」が収穫を迎えます。「京かんしょ」としてブランド化されたさつまいもの栽培も行われています。


砂丘を利用したラッキョウ畑


砂丘メロン