山陰海岸ジオパークって 運営組織 地形・地質の博物館 豊かな生態系 国際的重要性 人々の文化と暮らし


変化に富んだ山陰海岸には、貴重な海浜植物や動物たちが生息しています。地質の多様性は生物の多様性につながり、多種多彩な動植物たちを見ることができます。

変化に富んだ地形や地質を有する山陰海岸ジオパークでは、その地域に応じて、様々な特徴ある植物が分布しています。

岩場からなる海岸地域を見てみると、ホンダワラやワカメなど各種の海藻類が岩盤に付着し、藻場を形成しています。砂浜ではハマヒルガオやハマゴウなど、砂地や乾燥に適した特徴的な植物が見られます。

また、海岸付近に分布する古くからの神社の社そうなどには、しばしば常緑広葉樹からなる照葉樹林が残されています。

一方、扇ノ山周辺など内陸の山岳地域には、ブナなどの落葉広葉樹からなる原生林が広がっています。

その他、日本海側の海岸地域にしか自生せず、京丹後の花でもあるトウテイラン、香美町香住の海岸地域に咲くユウスゲ、良好な環境の指標となる新温泉町田君川のバイカモ群落、岩美町唐川のカキツバタや香美町ハチ北大沼などに見られる湿地植物など、各地に特徴的な植物を四季を通じて見ることができます。


ブナ原生林


ハマヒルガオ


トウテイラン


バイカモ群落

山陰海岸ジオパークには多くの野生動物が生息し、中には絶滅危惧種天然記念物として指定され、保護されている動物も多く存在します。

環境省のレッドデータで絶滅危惧種とされているものには、鳥類では扇ノ山や鉢伏山周辺の高山に住むイヌワシ(国指定天然記念物)、両生類では京丹後市大宮町や豊岡市日高町の一部にしか生息しないアベサンショウウオ(それぞれが生息地保護区として登録)、昆虫では円山川の湿地に住むヒヌマイトトンボなどが知られています。

その他、国の特別天然記念物となっているものとして、コウノトリと生きた化石と呼ばれるオオサンショウウオ、天然記念物として鳥取市の久松山山ろくのキマダラルリツバメチョウ生息地などもあります。

コウノトリの国内最後の生息地となった豊岡盆地では、コウノトリの郷公園を中心に、コウノトリの野生復帰とコウノトリの住める地域づくりにまちをあげて取り組んでいます。コウノトリの郷公園では100羽を超えるコウノトリが飼育されており、間近で観察できる公開ケージや観察サイトが整備されています。

オオサンショウウオ


コウノトリ